腱鞘炎

横須賀市北久里浜の鍼灸整骨院ひまわり 腱鞘炎で手首が痛い女性の画像

  • 手を使いすぎて手首が痛い
  • 手をつくと手首に痛みが走る
  • 親指を握りコブシを作ることができない
  • 出産後なぜだか手首が痛くなった
  • 指が引っかかる

レントゲンではうつらない痛みの一つでもあります。「骨には異常がないけど痛みが強い」「湿布を貼って痛みを抑えている」などしてはいませんか?腱鞘炎は痛みがなくなるまで安静にしているか施術していかなければ良くはなってきません。手首を使わないようにするのは日常的にかなり難しいですよね。ですので施術が必要なのです。

 

 

腱鞘炎|横須賀市 北久里浜 鍼灸整骨院ひまわり

 

 

出産後、手首が痛くなった・・・

包丁を持つ手が痛い・・・

細かい作業をすると手首が痛い・・・

など腱鞘炎は日常生活のいろいろな場面で起こります。そのうち治るかな?手を使わなければ良くなるかも?などと考えがちですが急性期が過ぎてくると慢性期がやってきます。慢性期の症状は、全体的に腫れているまたは、むくんでいる、ある方向に動かすと痛いなどです。

腱鞘炎の種類

ドケルバン(狭窄性腱鞘炎)・・・一般的にいわれる腱鞘炎です。手首の親指側に痛みがあり、親指を握り小指側に倒すと強い痛みが出ます。手の使い過ぎや、出産後の女性に多く見られます。

拇指を動かすための短拇指伸筋腱、長母指外転筋腱が手関節の手背第一コンパートメントを通る際に炎症が起こり通りが悪くなった状態をドケルバンといいます。

 

ばね指・・・指の根元で腱鞘炎が起こり、指の曲げ伸ばしで引っかかってしまうものです。更年期の女性や出産後の女性、手をよく使う人などによく見られます。リウマチや透析をしている方にもよく見られます。

指の曲げ伸ばしは前腕の屈筋群が行っていますが、その力を腱が指に伝えています。この腱を指の掌側側で飛び出さないように抑えているのが靱帯性腱鞘です。靱帯性腱鞘は滑膜性腱鞘が裏打ちされていて本来スムーズに動くようになっているものですがここに炎症が起こるために通りが悪くなり腱鞘炎となって引っかかります。これをばね指といいます。

 

 

出産後の腱鞘炎|横須賀市 北久里浜 鍼灸整骨院ひまわり

出産後によく起こるのが腱鞘炎です。赤ちゃんを抱っこしていても手首が痛くて辛いなんてことはよくあることです。とても辛いですよね。しかも授乳中であれば湿布や痛み止めなどのお薬を服用されるのも戸惑いますよね。

当院は薬を使わずに施術機器だけですのでご安心ください。ご自身のためにも赤ちゃんのためにも一番良いと思われる施術法を提案させていただいています。